ニキビ肌でもピーリングのやりすぎは危険

ターンオーバーの乱れから蓄積された古い角質や汚れ、皮脂を取り除くピーリングはニキビを防ぐのに効果的です。
しかし、汚れがたくさん取れるからといって、やりすぎるとさらにニキビを増やす可能性があります。

ピーリングする事によってお肌のターンオーバーのサイクルを正常に戻すように働きかけて、健康な状態にし、ニキビを防いでくれます。この周期に合わせてピーリングしたらいいのですが、やりすぎると、お肌のバリア機能である健康な角質層を削り取ってしまうため、ターンオーバーのサイクルも乱れ、お肌が敏感な状態になります。そこでまたお肌を守ろうと皮脂が過剰に出てきて毛穴に詰まってしまったり、保湿能力が低下するので、乾燥からニキビができてしまったりします。自宅で手軽に出来ますが、使う物の使用頻度を守り、正しく使う事が重要です。