ニキビ肌でも洗顔のしすぎはよくない

ニキビ肌の人は、お肌のお手入れを特に注意してやらないといけないので、自己流ではなく、自分に合ったスキンケアを知っておく必要があります。

洗顔は、お肌を清潔に保つのに必要な反面、やりすぎるとさらにニキビを増やす原因になります。洗顔する度に、汚れとともに、お肌に必要な成分まで洗い流してしまいます。洗顔料には界面活性剤が含まれているものが多く、汚れをしっかりと落としてくれるのと同時にお肌のバリア機能や潤い成分まで落としてしうのです。お肌のバリア機能や潤い成分が落ちてしまうと、保湿能力が低くなり、敏感な状態が続くので、ちょっとしたストレスや刺激にも弱いお肌になってしまいます。お肌に必要な成分をちゃんと残してくれる洗顔料選びも大切になりますし、それを上手に使って自分のお肌と向き合っていかないと、トラブル続きのお肌になってしまいます。