ニキビと成長ホルモンの関係

思春期にニキビが出来る原因が、成長ホルモンと関係いていることが解っていました。
思春期のニキビは症状が酷くなりやすく、悩まされている人も多いと思います。

早く治したいのに繰り返しできたり、気になって触っていると後になってしまったり、なかなか厄介ですよね。

成長ホルモンが活発な時期は、皮脂腺が過剰に反応してしまい、お肌を守ろうと余分な皮脂をたくさん出してしまいます。そのせいでお肌の表面が脂っぽくなり、毛穴が詰まってしまってニキビになります。

その詰まった毛穴の中がアクネ菌の住処となり、ニキビが悪化してしまうのです。

皮脂の分泌を自分の意志で抑えることは難しいので、アクネ菌が毛穴に住み付かないように殺菌作用のある化粧品などを使って菌を増やさないようにすることと、こまめに皮脂を取り除きましょう。