思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期に出来るニキビは、成長に伴うホルモンのバランスが大きく崩れるために、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴が塞がってしまい、そこにニキビを作ってしまうアクネ菌が増殖して炎症を起こすことで起こってしまいます。

原因が大抵の場合はっきりと分かっているのが特徴なので、治療したり、時間が経ってホルモンバランスが安定してくる頃には自然と治まってきます。

しかし厄介なのは大人ニキビで、原因が人それぞれ違ってなかなか治りにくく、繰り返しできてしまうのが特徴です。季節の変化にお肌がなかなか対応できずに季節の変わり目にニキビができやすい人もいれば、ストレスや疲れでできてしまう人など、原因がたくさんあってそれが複雑に重なることでニキビができてしまうので、治しにくいという特徴があります。

ホルモンバランスの悪化によるニキビにはヤスミンなどのピルが有効です。