ニキビと黄体ホルモンの関係

生理前に起こるニキビは大人ニキビとも呼ばれ、女性ホルモンの一種である黄体ホルモンの影響で起こるといわれています。

ストレスや脂っこい食事、便秘もニキビを引き起こしてしまう原因になりますが、毎月のように生理前になると出てくるニキビは黄体ホルモンが影響している可能性が高いです。

黄体ホルモンの働きは、男性ホルモンの働きと似ていることから、お肌の細胞が男性ホルモンと勘違いすることで皮脂の分泌が活性化されて、毛穴が詰まりやすくなり、そこにアクネ菌が増殖することで赤く化膿したり、ニキビが治りにくかったりします。

また、ホルモンバランスが崩れることでニキビが起こりやすくなるため、ストレスや悪い生活習慣が原因でニキビが治りにくくなってしまいます。

生理前の諸症状にはヤスミンなどのピルで軽減することができますし、毛穴ケアは毛穴引き締め化粧品を併用すると良いでしょう。

また、男性のニキビには、きちんの男性用化粧品でケアすることによって改善される場合がありますので試してみましょう。